外国人家事支援人材の実態を知って、考えよう

Saturday  2 July  2016  1:00 PM    Saturday  2 July  2016 4:30 PM
Save (155) Saved (156)
Last update 03/07/2016
  372

※このイベントは、
https://mainichimediacafe.jp/eventcal/list/d=20160702
にて参加申し込みください。FACEBOOK上で参加表明されましてもご参加できない場合がございます。

家事代行を頼んだことはありますか?「女性活躍」が進む一方で、家事を誰が担っていくのかが課題になってきます。その解決策の一つとして安倍政権が提唱したのが「外国人家事支援人材」受け入れです。海外では外国人の家事労働は珍しくありません。例えば香港では約8万5000人のフィリピン人が家事労働に就いています。日本でも、外国人に家事を頼む時代が来るのでしょうか?
このイベントでは、家事労働者のいる生活を描いたフィリピン映画「イロイロ ぬくもりの記憶」(原題=爸媽不在家、英題=Ilo Ilo、99分)を鑑賞した後、今の日本で「外国人家事支援人材」は何を意味するのか、その実態や問題は何かについて、フェリス女学院大学教授の小ヶ谷千穂さん、フィリピンで社会事業に取り組むEDAYA代表の山下彩香さん国境なき対話プロジェクト代表の藤原愛さんらによるトークを通じて考えます。司会はEDAYAでプロボノとして活動している稲葉哲治さんが務めます。
【タイムスケジュール】
開場:12:30
スタート:13:00
開会挨拶:13:00~13:10
映画上映:13:10~15:00
休憩:15:00~15:10
パネルトーク:15:10~16:10
質疑応答:16:10~16:20
閉会挨拶:16:20~16:30
© 2013 SINGAPORE FILM COMMISSION, NP ENTERPRISE (S) PTE LTD, FISHEYE PICTURES PTE LTD

cinema
Nearby hotels and apartments
毎日ホール
一ツ橋1-1-1, Chiyoda-ku, 100, Tokyo, Japan