童謡からはじまるコンサート 第1回

Wednesday  18 April  2018  6:30 PM    Wednesday  18 April  2018 8:30 PM
Save Saved
Last update 19/04/2018
  7736

童謡100周年の2018年に童謡作家を数多く輩出した長野市松代町にある開館30周年を迎える長野市松代文化ホールにて、ジャンルもキャリアも異なる3組のアーティストたちが童謡を合言葉にオリジナリティ溢れる良質の音楽をお届けする3ヶ月連続コンサート。ジャズがお好きな方、世界の民族音楽に興味のある方、日本語の歌をじっくり聴きたい方、とにもかくにも音楽を聴くのが大好きな方に向けてお送りする全3回の特別企画です。

 お送りする音楽は童謡だけにとらわれず、それぞれの持ち味を生かした選曲で、

第1回(4月)童謡のジャズアレンジからジャズやポップス、映画音楽のスタンダードを、

第2回(5月)童謡唱歌を取り入れた、ケルトミュージック(アイルランドの伝統音楽、アイルランド民謡)をベースにしたオリジナル曲を、

第3回(6月)童謡から昭和の流行歌まで様々な日本の歌をじっくりと。

  いずれの出演者も松代で演奏するのは初めてで

「松代のみなさん初めまして、以後お見知りおきを」

という自己紹介を兼ね、童謡を織り交ぜた松代スペシャルプログラムです。

 

第1回 4月18日

ジャズピアニストの羽仁知治とボーカリストの井手麻理子による、童謡からジャズ、ポップスまでをお届けするコンサートです。

羽仁知治は加藤登紀子などのサポート、海外のミュージシャンとの競演を重ねながら、日本の童謡、唱歌、歌謡曲などをジャズ、インストゥルメンタルにアレンジ、演奏した音源を多数発表しています。

井手麻理子はポップスシンガーとして1997年にデビュー。

1999年にイギリスのポップグループ「ユーリズミックス」の「ゼア・マスト・ビー・アン・エンジェル」をカバー、この曲がドラマ「危険な関係」の主題歌に起用されヒットしました。

その後は確かな歌唱力を生かしポップスにとどまらず、様々なジャンルの歌を歌ってきており、

近年は 「I GET REQUEST」シリーズ
 「井手麻理子スクリーンテーマを歌う~」
 「井手麻理子カレンカーペンターを歌う」
 「井手麻理子 江利チエミを歌う」3部作をリリース。

ジャズテイストのシリーズカバーアルバムになっています。

そのような経歴の二人に、 童謡、ジャズ、ポップスのスタンダードはもちろんのこと、

童謡をジャズにアレンジしながら、ジャズの仕組みを知ってもらい、みんなで歌うというコーナーを特別に用意していただきました。

実力派の二人と一緒に童謡とジャズが楽しめる「童謡からはじまるコンサート」の第1回です。

music concerts acoustic blues country folk jazz pop soul latin american
Nearby hotels and apartments
長野市松代文化ホール
Nagano-shi, 381, Nagano-ken, Japan
長野市松代文化ホール
Nagano-shi, 381, Nagano-ken, Japan